24日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、149円台半ばを維持。148円台で押し目買いが入りやすく、下値の堅さが意識されている。半面、米10年債利回りの伸び悩みでドル買いは入りづらい。節目の150円も意識され、上値では売りが出やすい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は149円41銭から149円71銭、ユーロ・円は162円90銭から163円23銭、ユーロ・ドルは1.0895ドルから1.0910ドル。