(13時30分現在)



S&P500先F物     4,569.75(+2.50)

ナスダック100先物  16,063.25(+14.00)





米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅高、NYダウ先物は15ドル高。長期金利は上げ渋り、本日の米株式市場はやや買い先行となりそうだ。





22日の主要3指数は反発。序盤から堅調地合いを維持し、ダウは184ドル高の35273ドルとプラスに転じるとともに、8月以来3カ月ぶりの高値圏に浮上した。前週のインフレ指標の鈍化や連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め後退の思惑で長期金利は低下し、買いが入りやすい地合いとなった。ただ、この日の耐久財受注は弱く、一段の買いを抑制。一方、人工知能(AI)開発が期待されるマイクロソフトが買われ指数に寄与した。





本日は上げ渋りか。FRBによる今後の利上げ休止や来年の利下げが期待されるなか、金利の低下がさらに進めば買いの入りやすい地合いが続くだろう。ただ、今晩発表のPMIは製造業、サービス業はいずれも前回をやや下回る見通し。今週の低調な住宅関連指標も改めて材料視され、景気腰折れへの警戒が広がるだろう。この1カ月間は強気相場が続いたため、調整も見込まれる。また、短縮取引となり積極的な買いは手控えられる。