24日午後の東京市場でドル・円は伸び悩み、朝方に149円71銭を付けた後は下押しされる展開。米10年債利回りの上昇は一服しており、積極的なドル買いは入りづらい。一方、今週は150円手前で上昇を阻止されており、節目付近の売りが意識される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は149円41銭から149円71銭、ユーロ・円は162円84銭から163円23銭、ユーロ・ドルは1.0895ドルから1.0910ドル。