日経平均は202円高(13時50分現在)。日経平均寄与度では、TDK<6762>、東エレク<8035>、テルモ<4543>などがプラス寄与上位となっており、一方、ダイキン<6367>、レーザーテック<6920>、ソニーG<6758>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、輸送用機器、ゴム製品、保険業、ガラス土石製品、精密機器が値上がり率上位、パルプ・紙、陸運業、空運業、繊維製品、電気・ガス業が値下がり率上位となっている。



日経平均はやや上値の重い展開となっている。東京市場では短期的な過熱感が引き続き意識され、利益確定売りが出やすいもよう。また、中国で呼吸器疾患の患者が増加していることを警戒する向きがある中、今日は上海や香港の株価が軟調なことも東京市場の株価の重しとなっているようだ。