■NY株式:NYダウは117ドル高、クリスマスラリーへの期待が支援





米国株式市場はまちまち。ダウ平均は117.12ドル高の35,390.15ドル、ナスダックは15ポイント安の14,250.85で取引を終了した。



感謝祭翌日の短縮取引で動意が乏しくまちまちで寄り付いた。イスラエル、ハマスの休戦で中東情勢悪化への警戒感が緩和したほか、サービス業PMIの予想外の改善で消費に楽観的見方が広がりダウは一段高となった。一方、長期金利の上昇でハイテクは売られた。終盤にかけ、クリスマスラリーへの期待にダウは上げ幅を拡大したが、ナスダックは小幅安とまちまちで終了。セクター別では食・生活必需品小売や自動車・自動車部品が上昇した一方、メディア・娯楽が下落した。



清掃や戦場での偵察用ロボット製造のアイロボット(IRBT)はオンライン小売のアマゾン(AMZN)による買収計画を欧州連合(EU)当局が承認する見通しとの報道を好感し、上昇。アマゾンも上昇した。電気自動車メーカーのフィスカー(FSR)は戦略変更で、欧米での納車ペースが改善したことを明らかにし、上昇した。



一方、半導体のエヌビディア(NVDA)は中国向けの新たな人口知能(AI)用半導体の投入を延期すると顧客に通知したとの報道や政府の中国輸出規制が次期四半期にかなりの重しとなると警告し、大幅下落。また、携帯端末のアップル(AAPL)は中国の独身の日の売り上げで、同社製のスマートフォーンがファーウェイやシャオミ製を下回ったとの報道が嫌気され、下落した。



アドビの発表によると、今年の感謝祭当日の消費支出額は56億ドルと前年同日比5.5%増加したことが分かった。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:中東の地政学的リスク低下でリスクオン



24日のニューヨーク外為市場でドル・円は149円67銭へ上昇後、149円44銭へ弱含み、149円47銭で引けた。米11月製造業PMI速報値が予想以上に低下したがサービス業PMI速報値が予想外に上昇したことを受けた長期金利の上昇でドル買いが強まった。また、中東の地政学的リスク緩和に連れ質への逃避のドル買いが後退したほか、対欧州通貨でのドル売りに押された。



ユーロ・ドルは1.0907ドルから1.0949ドルまで上昇し、1.0946ドル引けた。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁がインフレとの闘いが終わっていないとしたほか、ドイツの11月IFO企業景況感指数の改善を受けたユーロ買いが継続。ユーロ・円は163円21銭から163円65銭まで上昇。イスラエル、ハマス休戦を受け戦闘激化懸念が後退し、リスクオンの円売りが優勢となった。ポンド・ドルは1.2560ドルから1.2615ドルまで上昇。ドル・スイスは0.8830フランから0.8811フランまで下落した。





■NY原油:下落、OPECプラス会合延期の影響残る



NYMEX原油1月限終値:75.54 ↓1.56



24日のNY原油先物1月限は下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は、前営業日比−1.56ドル(-2.02%)の75.54ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは75.07ドル-77.09ドル。OPECプラスの会合延期の影響は残されており、原油先物はさえない動きとなった。追加減産の思惑はあるものの、石油生産の割り当てを巡ってアフリカ勢が不満を表明しており、需給関係の緩和を意識した売りが入ったようだ。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  29.73ドル   +0.10ドル(+0.33%)

モルガン・スタンレー(MS) 78.65ドル   +0.16ドル(+0.20%)

ゴールドマン・サックス(GS)339.15ドル  +0.51ドル(+0.15%)

インテル(INTC)        43.96ドル   +0.29ドル(+0.66%)

アップル(AAPL)        189.97ドル  -1.34ドル(-0.70%)

アルファベット(GOOG)    138.22ドル  -1.80ドル(-1.28%)

メタ(META)           338.23ドル  -3.26ドル(-0.95%)

キャタピラー(CAT)      247.36ドル  +1.35ドル(+0.54%)

アルコア(AA)         26.24ドル   -0.14ドル(-0.53%)

ウォルマート(WMT)      156.06ドル  +1.39ドル(+0.89%)