欧州市場でドル・円は小じっかりとなり、149円32銭まで値を上げた。米10年債利回りの持ち直しでドル高基調に振れ、相場を押し上げた。ただ、今月中旬以降、149円台半ばで一段の上昇を抑えられるケースが目立ち、足元は上値の重さが意識される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は148円96銭から149円32銭、ユーロ・円は163円08銭から163円49銭、ユーロ・ドルは1.0939ドルから1.0952ドル。