■NY株式:NYダウは56ドル安、利益確定売りが上値を抑制



米国株式市場は下落。ダウ平均は56.68ドル安の35,333.47ドル、ナスダックは9.83ポイント安の14,241.02で取引を終了した。



サイバーマンデーで強いオンライン売り上げを期待した買いに寄り付き後、上昇。ただ、10月新築住宅販売件数や11月ダラス連銀製造業活動指数が予想を下回り景気への懸念が再燃し、ダウは下落に転じた。連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ終了を織り込み長期金利が再び低下したためハイテクは一時買われたが終盤にかけ失速し、高値付近からの利益確定売りにおされ主要株式指数は下落で終了。セクター別では小売りや不動産が上昇した一方、運輸が下落した。



後払いサービスを提供する金融のアファーム(AFRM)は感謝祭やブラックフライデーで同サービス利用の注文が大幅に増加したことが明らかになり、上昇。クラウドベースの商取引プラットフォームを提供するショッピファイ(SHOP)はブラックフライデーでの売り上げが過去最高を記録し、上昇した。オンライン小売りのアマゾン(AMZN)も年末商戦での強い売上を期待し、上昇。無線通信用タワーなどのインフラを保有し、運営とリースを手掛けるクラウン・キャッスル(CCI)は物言う投資家のエリオットが同社の株式保有を増やし、経営刷新策を進める計画だとの報道を受け、上昇した。



一方、履物販売会社のフット・ロッカー(FL)はアナリストが今週発表予定の第3四半期決算で売上減を警告し投資判断を引き下げ、下落。特殊ロボット・メーカーを製造するアイロボット(IRBT)はオンライン小売りのアマゾン(AMZN)による同社買収提案が競争を損ねかねないと欧州連合(EU)が警告したため買収案の白紙撤回の可能性が警戒され、下落した。



バイデン大統領はサプライチェーン強化する取り組みを発表した。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:米長期金利低下を受けてドル弱含み



27日のニューヨーク外為市場でドル・円は149円08銭へ強含んだのち、148円55銭まで反落し、148円68銭で引けた。米2年債入札が低調で一時ドル買いが強まったが、米10月新築住宅販売件数や11月ダラス連銀製造業活動指数が予想を下回り、5年債入札結果も比較的堅調だったため長期金利低下に伴うドル売りが強まった。



ユーロ・ドルは1.0925ドルへ下落後、1.0957ドルまで上昇し、1.0954ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)の利下げ観測に連れたユーロ売りが優勢となったのち、米金利低下に伴うドル売りで下げ止まった。ユーロ・円は162円98銭から162円54銭まで下落。日欧金利差拡大観測に連れた円売り・ユーロ買いが後退した。ポンド・ドルは1.2640ドルから1.2601ドルまで下落した。ドル・スイスは0.8796フランから0.8818フランまで上昇した。





■NY原油:弱含みで74.86ドル、需給ひっ迫の懸念和らぐ



NY原油先物1月限は弱含み(NYMEX原油1月限終値:74.86 ↓0.68)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は、前営業日比−0.68ドルの74.86ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは74.06ドル-76.23ドル。需給ひっ迫の懸念は後退し、ロンドン市場で74.06ドルまで下落。ただ、米国市場の後半にかけて米長期金利の低下を意識した買いが入っており、一時76.23ドルまで買われた。通常取引終了後の時間外取引では75ドルを挟んだ水準で推移した。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  29.56ドル   -0.17ドル(-0.57%)

モルガン・スタンレー(MS) 77.95ドル   -0.70ドル(-0.89%)

ゴールドマン・サックス(GS)337.71ドル  -1.44ドル(-0.42%)

インテル(INTC)        44.08ドル   +0.12ドル(+0.27%)

アップル(AAPL)        189.79ドル  -0.18ドル(-0.09%)

アルファベット(GOOG)    138.05ドル  -0.17ドル(-0.12%)

メタ(META)           334.70ドル  -3.53ドル(-1.04%)

キャタピラー(CAT)      247.39ドル  +0.03ドル(+0.01%)

アルコア(AA)         26.30ドル   +0.06ドル(+0.22%)

ウォルマート(WMT)      156.77ドル  +0.71ドル(+0.45%)