28日午前の東京市場でドル・円は軟調地合いとなり、一時147円98銭まで値を下げた。日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数は弱含み、株安を嫌気した円買いに振れやすい。ユーロなど主要通貨は対ドルで上昇も、対円では値を下げている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円98銭から148円66銭、ユーロ・円は162円20銭から162円84銭、ユーロ・ドルは1.0952ドルから1.0962ドル。