28日午前の東京市場でドル・円は軟調地合いで、147円52銭から146円67銭まで値を下げた。9月以来2カ月半ぶりの安値圏。米連邦準備制度理事会(FRB)の引き締め後退への思惑で金利安・ドル安に振れやすく、ユーロ・ドルは1.10ドル台に浮上した。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円67銭から147円52銭、ユーロ・円は161円55銭から162円12銭、ユーロ・ドルは1.0993ドルから1.1017ドル。

【金融政策】

・NZ準備銀行:政策金利を5.50%に据え置き

【要人発言】

・NZ準備銀行(声明)

「インフレ圧力の継続を警戒」

「インフレ圧力が予想以上に強まれば、政策金利はさらに引き上げる必要」

「経済成長はトレンド下回っており、さらに減速の可能性が高い」

「インフレ率は2024年後半までに目標範囲内に低下すると予想」

「2025年半ばまで利下げはない見通し」

・NZ準備銀行総裁

「今回は利上げについて議論した」

「来年まで政策金利を維持することに固執してきた」

「インフレに対するリスクはまだ上向き」

「新首相との会談は非常に建設的だった」

【経済指標】

・豪・10月消費者物価指数:前年比+4.9%(予想:+5.2%、9月:+5.6%)