日経平均は24円高(13時50分現在)。日経平均寄与度では、レーザーテック<6920>、リクルートHD<6098>、京セラ<6971>などがプラス寄与上位となっており、一方、アドバンテスト<6857>、テルモ<4543>、7&iHD<3382>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、輸送用機器、サービス業、情報・通信業、電気・ガス業、電気機器が値上がり率上位、鉄鋼、銀行業、海運業、鉱業、保険業が値下がり率上位となっている。



日経平均はやや方向感を欠く動きとなっている。午前に進んだ円高・ドル安の動きが一服し安心感となる一方、香港ハンセン指数が下げ幅を拡大していることなどが東京市場の株価の重しとなっているようだ。