30日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、147円付近でのもみ合いが続く。米10年債利回りの下げ渋りと日経平均株価の反転でドル売り・円買いは後退。一方、豪準備銀行の来年の利上げを見込んだ豪ドル買いに振れ、NZドルもそれに追随した値動き。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円83銭から147円19銭、ユーロ・円は161円13銭から161円53銭、ユーロ・ドルは1.0969ドルから1.0983ドル。