30日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、午後はおおむね147円から147円10銭の狭いレンジ内で推移した。日経平均株価は前日比100円超高と上げ幅を拡大し、取引終了。ただ、上海総合指数と香港ハンセン指数は下げに転じ、円売りを弱めた。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円83銭から147円19銭、ユーロ・円は161円13銭から161円53銭、ユーロ・ドルは1.0969ドルから1.0983ドル。