1日午後の東京市場でドル・円は148円台と、売り買いが錯によりもみ合い商状が続く。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の見解が注目され、足元は材料難から売り買いは手控えられているもよう。日本株は不安定だが、円買いは後退した。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円60銭から148円19銭、ユーロ・円は160円98銭から161円47銭、ユーロ・ドルは1.0886ドルから1.0912ドル。