1日午後の東京市場でドル・円は小動きとなり、148円10銭付近でのもみ合いが続く。一方、ユーロとポンドは対ドルで底堅く、対円では小幅高の展開に。前日は今後の金融政策への期待感からオセアニア通貨が選好されたが、本日は欧州通貨が買われた。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円60銭から148円19銭、ユーロ・円は160円98銭から161円47銭、ユーロ・ドルは1.0886ドルから1.0912ドル。