1日午後の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、148円25銭まで値を上げ本日の高値を更新した。欧州通貨主導でクロス円が小高く推移し、ドル・円を押し上げている。ただ、米10年債利回りの低下でドル買いは後退し、ドル・円は上値が重いようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円60銭から148円25銭、ユーロ・円は160円98銭から161円74銭、ユーロ・ドルは1.0886ドルから1.0912ドル。