1日の東京市場でドル・円は底堅い。米10年債利回りの低下でドル売りが先行し、午前中に147円60銭まで値を下げた。ただ、押し目買いが入り、その後は値を戻す展開に。午後は円売り主導で朝方の高値を上抜け、148円31銭まで値を切り上げた。

・ユーロ・円は160円98銭から161円77銭まで上昇。

・ユーロ・ドルは1.0886ドルから1.0912ドルまで値を上げた。

・日経平均株価:始値33,537.44円、高値33,551.57円、安値33,397.42円、終値33,431.51円(前日比55.38円安)

・17時時点:ドル・円148円20-30銭、ユーロ・円161円50-60銭

【要人発言】

・ホークスビーNZ準備銀行副総裁

「コアインフレの高止まりが不確実性をもたらし、政策を誤る余地はほとんどない」

「インフレ期待は高まり始め、中銀は真剣に受け止める必要」

【経済指標】

・日・10月有効求人倍率:1.30倍(予想:1.29倍、9月:1.29倍)

・日・10月失業率:2.5%(予想:2.6%、9月:2.6%)

・日・7-9月期法人企業統計調査・全産業設備投資:前年比+3.4%(予想:+3.4%、4-6月期:+4.5%)

・中・11月財新製造業PMI:50.7(予想:49.6、10月:49.5)

・スイス・7-9月期GDP:前年比+0.3%(予想:+0.5%、4-6月期:+0.5%)