4日の東京市場でドル・円は切り返し。米金融引き締め休止の思惑でドル売りが先行したほか、日経平均株価の軟調地合いで円買いに振れ、午前は一時146円20銭まで下落。その後は米金利の上昇でドルに買戻しが強まり、夕方にかけて147円03まで値を上げた。

・ユーロ・円は159円11銭から159円83銭まで上昇。

・ユーロ・ドルは1.0894ドルから1.0849ドルまで値を下げた。

・日経平均株価:始値33,318.07円、高値33,324.38円、安値33,023.04円、終値33,231.27円(前日比200.24円安)

・17時時点:ドル・円147円10-20銭、ユーロ・円159円80-90銭

【要人発言】

・中国人民銀行の元幹部

「成長を押し上げるため、政策金利よりも預金準備率を引き下げる余地が大きい」

【経済指標】

・日・11月マネタリーベース:前年比+8.9%(10月:+9.0%)

・独・10月貿易収支:+178億ユーロ(9月:+167億ユーロ)

・スイス・11月消費者物価指数:前年比+1.4%(予想:+1.7%、10月:+1.7%)