<円債市場>

長期国債先物2023年12月限

寄付146円80銭 高値146円88銭 安値146円43銭 引け146円53銭

売買高総計21455枚



2年 455回  0.028%

5年 163回  0.251%

10年 372回  0.689%

20年 186回  1.432%



債券先物12月限は、146円80銭で取引を開始。前週末のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受けた金利低下にともない買いが先行し、146円88銭まで上げた。その後、日銀が定例の国債買い入れオペで、予定額の範囲内ではあったものの、10年超25年以下を減額したことから売りが強まり、146円43銭まで下げた。現物債の取引では、全年限が買われた。



<米国債概況>

2年債は4.60%、10年債は4.25%、30年債は4.42%近辺で推移。

債券利回りは上昇。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は2.37%、英国債は4.16%、オーストラリア10年債は4.44%、NZ10年債は4.94%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]



<海外>

・24:00 米・10月製造業受注(前月比予想:-3.0%、9月:+2.8%)

・24:00 米・10月耐久財受注改定値(前月比予想:-5.4%、速報値:-5.4%)



(海外のスケジュールで表示されている時間は日本時間)