■NY株式:NYダウは41ドル安、ハイテクが重し



米国株式市場は反落。ダウ平均は41.06ドル安の36,204.44ドル、ナスダックは119.54ポイント安の14,185.50で取引を終了した。



高値からの利食い売りに押され、寄り付き後、下落。さらに、長期金利が再び上昇に転じたためハイテクが売られ、相場の重しとなった。終日軟調に推移し、終盤にかけて金利の上昇が一段落すると下げ幅を縮小し終了。セクター別では運輸や不動産が上昇した一方で、半導体・同製造装置が下落した。



配車サービスのウーバー・テクノロジーズ(UBER)はS&Pダウ・ジョーンズが同社をS&P500種株価指数の構成銘柄として採用すると発表し、上昇。航空会社のハワイアン・ホールディングス(HA)は同業アラスカ・エア・グループ(ALK)が19億ドル規模で同社を買収すると発表し、上昇した。一方、アラスカ・エア(ALK)はアナリストが投資判断を引き下げ、下落。音楽配信のスポティファイ(SPOT)は最高経営責任者(CEO)が効率化を目指し全従業員の約17%を削減すると発表し、買われた。



自動車メーカーのゼネラル・モーターズ(GM)やオンラインの中古車販売プラットフォーム運営のカーバナ(CVNA)はアナリストの投資判断引上げで、上昇。ヨガアパレルのルルレモン(LULU)はアナリストの投資判断引き下げで、下落。また、ソーシャルメディアのフェイスブック(FB)を運営するメタ・プラットフォームズ(META)は規制当局への届け出で、ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)の信託基金や慈善事業、政治的な寄付を行う団体が11月に保有株の一部を売却したことが明らかになり、下落した。



投資家の恐怖心理を示すVIX指数は13.70と、11月28日来の高水準に達した。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:米長期金利の上昇や欧州通貨安でドル・円は147円台に反発



4日のニューヨーク外為市場でドル・円は146円47銭へ下落したのち147円45銭まで上昇し、147円20銭で引けた。米国の10月製造業受注は予想以上に悪化したため景気減速懸念にドル売りが優勢となった。その後、今週発表予定の雇用統計での雇用増予想を受けた長期金利の上昇に連れたドル買い、対欧州通貨でのドル買いが強まった。



ユーロ・ドルは1.0877ドルから1.0804ドルまで下落し、1.0829ドルで引けた。センテノ・ポルトガル中銀総裁のハト派発言を受けて欧州中央銀行(ECB)の利下げ観測が強まりユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は158円71銭へ下落後、159円57銭まで上昇した。日欧金利差縮小観測に伴う円買いに押された。ポンド・ドルは1.2675ドルから1.2604ドルまで下落した。ドル・スイスは0.8754フランへ上昇後、0.8713フランまで反落した。





■NY原油:続落で73.04ドル、供給不安緩和で一時72.63ドルまで下落



NY原油先物1月限は続落(NYMEX原油1月限終値:73.04 ↓1.03)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は、前営業日比−1.03ドルの73.04ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは72.63ドル-75.03ドル。アジア市場の序盤で75.03ドルまで買われたが、供給不安は緩和されており、米国市場の中盤までに72.63ドルまで下落。ただ、需要減少の思惑は後退し、押し目買いが入ったことで通常取引終了後の時間外取引では主に73ドル台で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  30.82ドル   -0.14ドル(-0.45%)

モルガン・スタンレー(MS) 81.21ドル   +0.32ドル(+0.39%)

ゴールドマン・サックス(GS)349.39ドル  +0.96ドル(+0.27%)

インテル(INTC)        42.35ドル   -1.39ドル(-3.17%)

アップル(AAPL)        189.43ドル  -1.81ドル(-0.94%)

アルファベット(GOOG)    130.63ドル  -2.69ドル(-2.01%)

メタ(META)           320.02ドル  -4.80ドル(-1.47%)

キャタピラー(CAT)      254.75ドル  -2.01ドル(-0.78%)

アルコア(AA)         26.81ドル   -0.93ドル(-3.35%)

ウォルマート(WMT)      154.30ドル  -0.04ドル(-0.02%)