5日午前の東京市場でドル・円は小動きとなり、節目の147円付近でのもみ合い。米10年債利回りの軟調地合いでドルは下押しされるものの、押し目買いが入り下値の堅さが意識されている。一方、ユーロやポンドは対ドルで堅調だが、足元は上値が重い。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円98銭から147円38銭、ユーロ・円は159円39銭から159円71銭、ユーロ・ドルは1.0833ドルから1.0846ドル。