5日午後の東京市場でドル・円は147円10銭台と、動意の薄い値動きが続く。米10年債利回りの下げ渋りを受け、ドルは豪ドルとNZドルに対して下げづらい。一方、ユーロとポンドはドルに対し小じっかりの展開となり、対円でも底堅く推移している。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円98銭から147円38銭、ユーロ・円は159円39銭から159円71銭、ユーロ・ドルは1.0833ドルから1.0846ドル。