日経平均は614円高(13時50分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>などがプラス寄与上位となっており、一方、資生堂<4911>、横河電機<6841>、ファナック<6954>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、全業種が値上がり。精密機器、電気・ガス業、証券商品先物、不動産業、電気機器が値上がり率上位となっている。



日経平均は上げ幅を広げている。日米長期金利の低下に加え、ダウ平均先物が時間外取引で底堅く推移していることなどが東京市場の株価の支えとなっているようだ。