欧州市場でドル・円は一時147円42銭まで値を上げ、その後も高値圏で推移する。米10年債利回りの持ち直しを受け、ドルは売りづらい。一方、欧州株式市場で主要指数は総じて堅調地合いとなり、リスク選好の円売りがドルやユーロを支える展開。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円89銭から147円42銭、ユーロ・円は158円38銭から159円11銭、ユーロ・ドルは1.0775ドルから1.0796ドル。