NY外為市場でドルは再び上昇に転じた。欧州中央銀行(ECB)の利下げ観測が強まるなど、欧州通貨売り圧力が依然強い。また、ドル指数は104と重要な節目となる200日移動平均水準である103.57がサポートとなり底堅く推移。



ユーロ・ドルは1.0804ドルの高値から1.0771ドルまで下落。ポンド・ドルは1.2605ドルから1.2566ドルまで下落しそれぞれ11月24日来の安値を更新した。ドル・円は予想を下回ったADP雇用統計後、147円01銭まで下落後も147円25銭と底堅い展開となった。