7日午後の東京市場でドル・円はじり安となり、146円64銭まで値を下げた。日経平均株価の大幅安を受け、円買いが主要通貨を下押し。一方、豪ドルはドルや円に対し、下げづらい。本日正午に発表された中国貿易統計は輸出入が強弱まちまちとなった。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円64銭から147円29銭、ユーロ・円は157円80銭から158円58銭、ユーロ・ドルは1.0759ドルから1.0772ドル。