昨日7日の米株式市場でNYダウは62.95ドル高の36117.38、ナスダック総合指数は193.28pt高の14339.99、シカゴ日経225先物(24年3月限)は大阪日中比500円安の32360円。為替は1ドル=144.10-20円。今日の東京市場では、業務・資本提携すると発表したコシダカHD<2157>とホットランド<3196>、第一生命HD<8750>が1株1800円でTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表したベネ・ワン<2412>、ベネ・ワンの親会社であるパソナ<2168>、経費・請求書管理クラウドConcurStandard関連の受注が累計30社を突破したと発表したニーズウェル<3992>、東証スタンダードでは、第3四半期累計の営業利益が26.6%減と上期の73.5%減から減益率が縮小したCasa<7196>、24年10月期営業利益は前期比2.2倍予想と発表したエイケン工業<7265>、24年1月期業績予想を上方修正したスバル興<9632>、株主優待制度を導入すると発表したオリジナル設<4642>、中央経済社HD<9476>などが物色されそうだ。一方、第3四半期累計の営業利益が7.8%減となった積水ハウス<1928>、ベネ・ワンに1株1600円でTOBを実施すると11月14日に発表していたエムスリー<2413>、東証スタンダードでは、 上期営業利益が65.1%減となったナ・デックス<7435>、23年10月期業績見込みを下方修正したウイルコHD<7831>、24年1月期業績予想を下方修正したストリーム<3071>などは軟調な展開が想定される。