8日午後の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、早朝に付けた本日高値を上抜け144円39銭まで値を上げた。前日の大幅安の反動で、ドルに買戻しが強まった。ただ、米10年債利回りの戻りは鈍く、ドルの上昇は限定的。クロス円はドル・円に追随。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は142円49銭から144円39銭、ユーロ・円は153円88銭から155円72銭、ユーロ・ドルは1.0776ドルから1.0800ドル。