欧州市場でドル・円は146円45銭まで値を切り上げたが、その後は146円10銭台に失速した。日銀の緩和政策修正を期待した前週の円買いが巻き戻され、円売りが主要通貨を押し上げた。一方、米10年債利回りの上げ渋りを受け、ドル買いは縮小した。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は145円92銭から146円45銭、ユーロ・円は157円13銭から157円53銭、ユーロ・ドルは1.0750ドルから1.0770ドル。