22日午後の東京市場でドル・円は148円付近と、ほぼ変わらずの値動き。上海総合指数と香港ハンセン指数は前週末比で2%超も下げ、円売りは後退。一方、時間外取引の米株式先物は堅調地合いとなり、今晩の株価続伸への期待感から円買いは抑制された。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円73銭から148円26銭、ユーロ・円は161円09銭から161円55銭、ユーロ・ドルは1.0890ドルから1.0909ドル。