■NY株式:NYダウは242ドル高、ソフトランディング期待



米国株式市場は上昇。ダウ平均は242.74ドル高の38,049.13ドル、ナスダックは28.58ポイント高の 15,510.50で取引を終了した。



寄り付きは上昇。朝方発表された2023年10−12月期の実質国内総生産(GDP)速報値が前期比3.3%増と市場予想を上回る強さを見せた一方、インフレの落ち着きが確認されたことで米経済のソフトランディング期待が高まった。ナスダックは決算が失望された電気自動車メーカーテスラが押し下げ、下落に転じる場面もあった。セクター別ではエネルギー、電気通信サービスなどが上昇。自動車・自動車部品が大きく下げ、ヘルスケア機器・サービス、保険、半導体・同製造装置が小幅に下落した。



電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)が急落。前日引け後に発表した決算が市場予想を下回り、2024年の成長鈍化を警告した。医療会社のヒューマナ(HUM)は業績見通しが市場予想を大きく下回り大幅安。医療費の高騰を理由に挙げ、同業のユナイテッドヘルス・グループも売られた。コンピューター・ソリューションを提供するIBM(IBM)、航空会社のアメリカン(AAL)は市場予想を上回る決算内容で大きく上昇した。航空機メーカーのボーイング(BA)が投資判断の引き下げを受けて下落。アラスカ航空機の事故を受けた連邦航空局(FAA)の生産制限により2025/2026年の生産、納入、FCFの目標達成ができない可能性が高いと指摘された。



半導体メーカーのインテル(INTC)は取引終了後に決算を発表し、時間外で売られている。売上高、1株利益(調整後)ともに市場予想を上回ったが、2024年第1四半期の業績見通しが失望された。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:強弱まちまちの米指標受けて147円台で売り買い交錯



25日のニューヨーク外為市場でドル・円は147円92銭へ上昇し、147円09銭まで下落後再び高値付近に戻し、147円71銭で引けた。米国の10-12月期GDP速報値が予想を上回る伸びとなり、金利上昇にともないドル買いになった。しかし、週次新規失業保険申請件数の増加などに反応して金利が低下に向かい、ドル売りに転じた。その後、12月新築住宅販売件数の予想上振れもあり、ドル買いが優勢になった。



ユーロ・ドルは1.0902ドルから1.0822ドルまで下落し、1.0842ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)ラガルド総裁のユーロ圏経済に対する弱気な見方や、自身の夏の利下げ発言言及でユーロ売りになった。ユーロ・円は160円91銭から159円70銭まで下落した。ポンド・ドルは1.2740ドへ上昇後、1.2682ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.8642フランへ下落後、0.8685フランまで上昇した。





■NY原油:大幅高で77.36ドル、需給ひっ迫の思惑強まる



NY原油先物3月限は大幅高(NYMEX原油3月限終値:77.36 ↑2.27)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は、前営業日比+2.27ドルの77.36ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは75.16ドル−77.51ドル。アジア市場で75.16ドルまで下げたが、需給ひっ迫の思惑が強まり、米国市場の後半にかけて77.51ドルまで一段高となった。通常取引終了後の時間外取引では主に77ドルを挟んだ水準で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  33.39ドル   +0.41ドル(+1.24%)

モルガン・スタンレー(MS) 88.02ドル   +0.45ドル(+0.51%)

ゴールドマン・サックス(GS)382.70ドル  +3.30ドル(+0.86%)

インテル(INTC)        49.55ドル   +0.46ドル(+0.93%)

アップル(AAPL)        194.17ドル  -0.33ドル(-0.16%)

アルファベット(GOOG)    153.64ドル  +3.29ドル(+2.18%)

メタ(META)           393.18ドル  +2.48ドル(+0.63%)

キャタピラー(CAT)      300.77ドル  +10.09ドル(+3.47%)

アルコア(AA)         29.88ドル   +0.12ドル(+0.40%)

ウォルマート(WMT)      162.84ドル  +2.34ドル(+1.45%)