26日のニューヨーク午後の外為市場で、ドル・円は148円21銭まで上昇している。米国の消費や住宅関連指標の予想上振れを受けたドル買いが再燃しているもよう。米10年債利回りも再び4.16%台に上昇している。