29日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。





■主要企業の決算発表が本格化するなか神経質な相場展開

■信越化、3Q営業利益 30.8%減 5595億円

■前場の注目材料:アイダ、高速精密プレス向けシステム今春投入、稼働情報を管理・分析





■主要企業の決算発表が本格化するなか神経質な相場展開



29日の日本株市場は、買い先行で始まった後は、次第にこう着感が強まりやすい相場展開が意識されそうだ。26日の米国市場は、NYダウが60ドル高、ナスダックは55ポイント安だった。朝方発表された23年12月の個人消費支出(PCE)コア指数は、前年比で2.9%の上昇で市場予想(3.0%上昇)を下回り、伸びは21年3月以降で最小となった。消費が好調な中でもインフレの鈍化が確認された。前日引け後に発表した決算が失望されたインテルが大幅安となり、半導体株を中心にハイテク株の一部が連れ安。シカゴ日経225先物清算値は大阪比235円高の35915円、円相場は1ドル148円10銭台で推移している。



シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買い先行で始まることになりそうだ。日経225先物はナイトセッションで一時36080円まで買われる場面が見られており、節目の36000円での攻防になりそうだ。主要企業の決算発表が本格化するなか、先週末に決算を発表した信越化<4063>はサプライズがなかった。主要企業の決算がコンセンサスを上回ってくるような状況がみられないと、神経質な相場展開に向かいそうである。



日経平均についても足もとの調整でボリンジャーバンドの+1σを下回ってきており、過熱感は和らいできたものの、+1σ水準での戻りの鈍さが意識されてくるようだと、持ち高調整の流れが強まる可能性がありそうだ。また、決算発表が本格化するなかで機関投資家は動きづらくなるため、短期筋の売買の影響を受けやすくなる。また、今週は指数インパクトの大きい値がさハイテク株の決算が予定されているほか、米国の大型テック株の決算が予定されていることもあり、結果を見極めたいところであろう。



物色は決算を手掛かりとした個別対応に向かいやすく、先週末の引け後に発表された企業では、インソース<6200>、アルゴグラフ<7595>、靜甲<6286>、シンシア<7782>、アジアパイル<5288>、UFHD<4235>、ミスミG<9962>などが注目されそうだ。その他、中小型株には相対的に出遅れ感が意識されていることもあり、短期的な値幅取り狙いに向かわせる可能性がありそうである。





■信越化、3Q営業利益 30.8%減 5595億円



信越化<4063>が発表した2024年3月期第3四半期業績は、売上高が前年同期比15.7%減の1兆8234.03億円、営業利益は同30.8%減の5595.28億円だった。塩化ビニルに関しては、中国メーカーによる輸出圧力が収まらない状況が続いたが、価格水準の維持に努めた。2024年3月期業績は、売上高が前期比18.1%減の2兆3000億円、営業利益は同29.9%減の7000億円を据え置いている。





■前場の注目材料



・NYダウは上昇(38109.43、+60.30)

・1ドル=148.00-10円

・シカゴ日経先物は上昇(35915、大阪比+235)

・VIX指数は低下(13.26、-0.19)

・米原油先物は上昇(78.01、+0.65)

・米国のインフレ沈静化観測





・アイダ<6118>高速精密プレス向けシステム今春投入、稼働情報を管理・分析

・NTTデータG<9613>M&Aに1000億円、23―25年度で国内事業を拡大

・トヨタ自<7203>ダイハツ、不正キャンセル10%以下、販売停止の影響公表

・キヤノン電子<7739>グループのスペースワン、小型ロケット打ち上げ、3月に和歌山から

・TSテック<7313>新車シート量産実証、埼玉にパイロットライン

・住友商事<8053>「戦略軸」で4月に新組織、脱炭素と都市開発部門

・兼松<8020>スパイバーと、人工たんぱく質の用途開発で協力

・エスペック<6859>EVバッテリーの新試験所、年500件、全固体も対応

・ホンダ<7267>GMと、FCシステムを米で量産、年内に搭載車投入

・ヤマハ発<7272>水素で走るゴルフカー、米で世界初公開

・IHI<7013>インドからグリーンアンモニア購入、基本合意

・熊谷組<1861>アクティオと軌道装置の接近警報システム、トンネル施工で人物検知

・IHI<7013>米社とアンモニア専焼ガスタービン開発契約

・山洋電気<6516>中国子会社を5月設立

・井関農機<6310>日立製作所などと、北海道岩見沢でエネ地産地消実証

・リコー<7752>共創拠点刷新、DX支援加速へ試金石

・大日本印刷<7912>UBE子会社を買収、素材分析で価値創出

・旭化成<3407>発泡PEで東南ア開拓、営業担当の配置検討

・東京ガス<9531>浮体式洋上風力を低コスト化、ブロック分割工法で量産





☆前場のイベントスケジュール



<国内>

・特になし



<海外>

・06:45 NZ・12月貿易収支(11月:-12.34億NZドル)