日経平均は237円高(14時40分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、日東電<6988>、トヨタ<7203>などがプラス寄与上位となっており、一方、信越化<4063>、レーザーテック<6920>、日立建<6305>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、石油石炭製品、鉱業、証券商品先物、輸送用機器、鉄鋼が値上がり率上位、パルプ・紙、陸運業、サービス業、情報・通信業、金属製品、陸運業が値下がり率上位となっている。



日経平均は伸び悩んでいる。今週は内外主要企業の23年10-12月期決算発表が本格化する。また、31日には米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表とパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見、2月2日には1月の米雇用統計が発表され、市場の関心は高い。