欧州市場でドル・円は147円70銭台と、安値圏でのもみ合いが続く。米10年債利回りは低水準で推移し、ドル買いは入りづらい。一方、欧州中銀(ECB)の早期利下げ観測からユーロはドルや円に対し売り優勢となったが、足元ではいったん収束した。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円69銭から147円91銭、ユーロ・円は159円82銭から160円29銭、ユーロ・ドルは1.0813ドルから1.0841ドル。