31日午後の東京市場でドル・円は上昇が一服し、147円60銭付近に失速した。米連邦公開市場委員会(FOMC)での今後の政策方針が注目され、積極的な売り買いは手控えられた。中国・香港株は軟調地合いだが、日本株はプラスで推移し円買いは限定的。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円20銭から147円81銭、ユーロ・円は159円64銭から160円06銭、ユーロ・ドルは1.0816ドルから1.0847ドル。