日経平均は99円高(14時40分現在)。日経平均寄与度では、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、TDK<6762>などがプラス寄与上位となっており、一方、東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>、アドバンテスト<6857>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、電気・ガス業、銀行業、不動産業、その他金融業、パルプ・紙が値上がり率上位、石油石炭製品、金属製品、鉱業、海運業、サービス業が値下がり率上位となっている。



日経平均は底堅く推移している。今日はこの後、エムスリー<2413>、NRI<4307>、日立<6501>、富士通<6702>、TDK<6762>、アドバンテスト<6857>、JR西日本<9021>、ANA<9202>、新光電工<6967>、カプコン<9697>、スクリーンHD<7735>、レーザーテック<6920>、りそなHD<8308>、三住トラスト<8309>、東京電力HD<9501>、JR東日本<9020>などが決算発表を予定している。米国では今晩、1月のADP全米雇用リポート、10-12月期の米雇用コスト指数、1月の米シカゴ購買部協会景気指数が発表され、日本時間の明日未明に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表とパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見が予定されており、市場の関心が高い。企業決算では、ボーイング、クアルコムなどが23年10-12月期決算を発表する。