1日午後の東京市場でドル・円は戻りが鈍く、146円70銭台での推移が続く。米10年債利回りはもみ合い、方向感が乏しい。ただ、ドルの買戻しで主要通貨は対ドルで弱含む展開に。ユーロ・ドルは1.08ドルを下抜け、1カ月半ぶりの安値圏に沈んだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円47銭から147円08銭、ユーロ・円は158円46銭から158円95銭、ユーロ・ドルは1.0800ドルから1.0821ドル。