2日午前の東京市場でドル・円は引き続き146円30銭台で推移。146円52銭から146円24銭まで弱含み。米長期金利の低下を意識したドル売りは一巡したようだが、146円台後半には短期筋などのドル売り注文が引き続き残されているようだ。ここまでの取引レンジは146円28銭−146円52銭、ユーロ・ドルは下げ渋り。1.0868ドル−1.0880ドル、ユーロ・円は下げ渋り。159円31銭から159円05銭まで値下がり。