日経平均は234円屋か(13時50分現在)。日経平均寄与度では、アドバンテスト<6857>、東エレク<8035>、ネクソン<3659>などがプラス寄与上位となっており、一方、京セラ<6971>、第一三共<4568>、中外薬<4519>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、情報・通信業、その他製品、電気・ガス業、陸運業、金属製品が値上がり率上位、保険業、医薬品、海運業、証券商品先物、鉱業が値下がり率上位となっている。



日経平均はやや伸び悩んだ水準で推移している。市場では引き続き高値警戒感が意識されていることに加え、米国で今晩、1月の米雇用統計が発表されることから、これを見極めたいとする向きもあり、積極的な買いは見送られているようだ。