2日午後の東京市場でドル・円は下げづらい値動きとなり、146円40銭台を維持する。米10年債利回りは前日海外市場で低下したが、本日は持ち直し、ドル売りは後退、一方、上海総合指数はマイナスだが、日経平均株価は強含み円売りに振れやすい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円24銭から146円51銭、ユーロ・円は159円05銭から158円30銭、ユーロ・ドルは1.0868ドルから1.0879ドル。