欧州市場でドル・円は146円70銭台でのもみ合いが続く。この後発表の米雇用統計はやや低調とみられるものの、市場予想を上回れば早期利下げ観測は後退しドル買い基調に振れやすい。ただ、米地銀の経営不安もあり、ドル高は限定的との見方もある。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円45銭から146円79銭、ユーロ・円は159円45銭から159円92銭、ユーロ・ドルは1.0873ドルから1.0897ドル。