5日午後の東京市場でドル・円は148円40銭台と、底堅い値動きが続く。148円台ではドルに利益確定や戻り待ちの売りが強まり、やや下押しされやすい。ただ、前週末の強い米雇用統計を受け連邦準備制度理事会(FRB)の早期利下げ観測は後退している。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は148円31銭から148円82銭、ユーロ・円は159円86銭から160円27銭、ユーロ・ドルは1.0767ドルから1.0785ドル。