5日午後の東京市場でドル・円はじり安となり、148円27銭まで値を下げた。日経平均株価はプラスを確保したが、上海総合指数はマイナスで推移し、やや円買い基調に振れやすい。一方、米早期利下げ観測の後退を背景に、ドルは売りづらい地合いに。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は148円27銭から148円82銭、ユーロ・円は159円81銭から160円27銭、ユーロ・ドルは1.0767ドルから1.0785ドル。