6日午前の東京市場でドル・円はじり安となり、148円84銭から148円46銭まで値を下げた。米10年債利回りの低下を受け、ドル売り先行。また、日経平均株価は下げ幅を拡大し、やや円買いに地合いに。ただ、中国・香港株は強含み円買いは一服した。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は148円46銭から148円84銭、ユーロ・円は159円54銭から159円74銭、ユーロ・ドルは1.0739ドルから1.0749ドル。

【経済指標】

・日・12月毎月勤労統計・現金給与総額:前年比+1.0%(予想:+1.4%、11月:+0.7%)

・日・12月家計支出:-2.5%(前年比予想:-2.0%、11月:-2.9%)

【要人発言】

・鈴木財務相

「金融政策は日銀の独立性を尊重。適切な政策運営を行っていただきたい」