昨日6日の米株式市場でNYダウは141.24ドル高の38521.36、ナスダック総合指数は11.32pt高の15609.00、シカゴ日経225先物は大阪日中比110円安の35970円。為替は1ドル=147.90-148.00円。今日の東京市場では、第3四半期累計の営業利益が82.6%増となった世紀東急<1898>、同じく31.3%増となったカルビー<2229>、24年3月期業績予想を上方修正したツムラ<4540>、24年3月期業績と配当予想を上方修正した極東開<7226>、グローリー<6457>、横河電<6841>、大阪チタ<5726>、任天堂<7974>、24年3月期利益と配当予想を上方修正したGSユアサ<6674>、24年3月期業績と配当予想の上方修正と自社株買い・消却を発表したシグマクシス<6088>、24年3月期利益と配当予想の上方修正と株主優待制度の一部変更(拡充)を発表したニップン<2001>、発行済株式数の10%上限の自社株買いを発表した三菱商事<8058>、同じく5.9%上限の自社株買いを発表したリコー<7752>などが物色されそうだ。一方、第3四半期累計の営業利益が75.5%減となった山一電機<6941>、同じく37.1%減となったケーズHD<8282>、同じく34.5%減となったヤマハ<7951>、通期予想の営業利益に対する第3四半期までの進捗率が55.6%にとどまったイマジカG<6879>、24年3月期業績予想を下方修正したアイホン<6718>、24年3月期業績予想を取り下げ配当予想を未定に修正したサンケン電<6707>などは軟調な展開が想定される。