7日午後の東京市場でドル・円は上値が重く、148円付近まで上昇後は失速。148円台の売りが警戒され、一段の上昇は抑制された。一方、ユーロ・ドルは小高く推移し、1.0760ドル台を維持。欧州中銀(ECB)の政策方針をにらみ、ユーロは売りづらい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円71銭から147円99銭、ユーロ・円は158円91銭から159円29銭、ユーロ・ドルは1.0753ドルから1.0766ドル。