8日午後の東京市場でドル・円は上昇一服で、148円50銭台でのもみ合い。米10年債利回りは底堅く推移し、ドルは売りづらい。日銀の緩和政策維持を見込んだ円売りもドルを押し上げている、ただ、148円後半の売りが意識され、上値は抑えられた。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円93銭から148円59銭、ユーロ・円は159円47銭から160円20銭、ユーロ・ドルは1.0771ドルから1.0787ドル。