8日午後の東京市場でドル・円はじり高となり、148円70銭台に水準を切り上げた。米10年債利回りの小幅上昇と日銀緩和観測を背景とした日本株高で、ドル高・円安に振れやすい。ただ、1月以降は148円80銭付近で売りが出やすく、失速するケースも。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円93銭から148円76銭、ユーロ・円は159円47銭から160円45銭、ユーロ・ドルは1.0771ドルから1.0787ドル。