9日午前の東京市場でドル・円は149円30銭近辺で推移。149円24銭まで下げた後、149円41銭まで強含み。米長期金利の反発を受けたドル買いは一巡したが、149円以下には顧客筋などのドル買い興味も観測されており、ドルは主に149円台前半でもみ合う状態が続くとみられる。ここまでの取引レンジは149円24銭−149円41銭、ユーロ・ドルは上げ渋り。1.0772ドル−1.07790ドル、ユーロ・円は強含み。160円81銭から160円98銭まで戻している。