■NY株式:NYダウは54ドル安、ハイテクが支援



米国株式市場はまちまち。ダウ平均は54.64ドル安の38,671.69ドル、ナスダックは196.95ポイント高の15,990.66で取引を終了した。



23年の10−12月期消費者物価指数(CPI)の年次改定でほぼ修正なく、安心感から買われ、寄り付き後、上昇。上方修正が警戒されていたが、インフレ改善を確認、金利先安感に特にハイテクが買われ、相場を支援した。ダウは過去最高値付近からの利食いに押され、伸び悩んだ一方、ナスダックは終盤にかけ上げ幅を拡大し、まちまちで終了。セクター別では半導体・同製造装置や小売りが上昇した一方、エネルギーが下落した。



ネットワーク機器メーカーのシスコシステムズ(CSCO)は効率化を目指し、雇用削減など事業改革を計画しているとの報道を好感し、上昇。半導体のエヌビディア(NVDA)はクラウドコンピューティング、自動車、ビデオゲームなどに特化したカスタムチップデザイン部門を新設するとの報道が好感され、上昇した。地銀のニューヨーク・コミュニティー・バンコープ(NYCB)は最高経営責任者(CEO)など、経営陣が自社株を購入したことが明らかになり、上昇。飲料メーカーのペプシコ(PEP)は四半期決算で4年間で初めて売上高が減少、さらに、今年の増収率見通しもアナリスト予想を下回り、売られた。



後払いサービスを供給するアファーム(AFRM)は24年の通期見通しが予想を下回り、大幅安。デジタル画像検索収集サイトを運営するピンタリスト(PINS)はホリデーシーズンの売り上げが弱く、第4四半期の売上高が予想を下回り、大きく売られた。オンライン旅行サービス会社のエクスぺディア(EXPE)は想定外に最高経営責任者(CEO)交代を発表したほか、第1四半期の見通しが予想を下回り、大幅安。



S&P500種指数は初の5000台で終了した。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:ドル弱含み、米インフレ鈍化に伴う利下げ期待強まる



9日のニューヨーク外為市場でドル・円は149円53銭から149円02銭まで下落し、149円28銭で引けた。米消費者物価指数(CPI)の年次改定値がほぼ修正なく、12月分は下方修正されたため、インフレの鈍化に伴う年内の利下げを正当化するとの見方に金利低下に連れドル売りが一時強まった。その後、金利が再び上昇するとドルも下げ止まった。



ユーロ・ドルは1.0765ドルから1.0795ドルまで上昇し、1.0785ドルで引けた。ユーロ・円は160円84銭へ下落後、161円19銭まで上昇。ポンド・ドルは1.2601ドルから1.2643ドルまで上昇した。ドル・スイスは0.8761フランから0.8732フランまで下落した。





■NY原油:強含み、一時77.29ドルまで値上り



NYMEX原油3月限終値:76.84 ↑0.62



9日のNY原油先物3月限は強含み。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は、前営業日比+0.62ドル(+0.81%)の76.84ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは75.93ドル−77.29ドル。米国市場の序盤にかけて75.93ドルまで下落した後、一時77.29ドルまで反発した。中東情勢の緊張状態が続いていることや製品価格の高止まりを受けた買いが入ったようだ。通常取引終了後の時間外取引では76ドル台で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  33.07ドル   -0.05ドル(-0.15%)

モルガン・スタンレー(MS) 85.89ドル   +0.24ドル(+0.28%)

ゴールドマン・サックス(GS)384.26ドル  -0.78ドル(-0.20%)

インテル(INTC)        43.31ドル   +0.81ドル(+1.90%)

アップル(AAPL)        188.85ドル  +0.53ドル(+0.28%)

アルファベット(GOOG)    150.22ドル  +3.00ドル(+2.03%)

メタ(META)           468.11ドル  -1.89ドル(-0.40%)

キャタピラー(CAT)      317.16ドル  -4.84ドル(-1.50%)

アルコア(AA)         26.89ドル   -0.82ドル(-2.95%)

ウォルマート(WMT)      169.28ドル  -0.09ドル(-0.05%)